朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ダンタリアンの書架 3

ダンタリアンの書架3

オタ版笑ゥせぇるすまんのようなこのシリーズ3作目。そろそろサザエさん時空に突入仕掛けてる模様。
帯に書いてあるほどの冒険をしてるとは思えないけど、人間の心理を様々なケースで描く引き出しの多さはアスラクラインからはいまだに結びつかないなぁ。逆に言えばストーリー的な制約が皆無に等しい分だけ書きやすかったりするんだろうか。それにしても萌え分を発揮できるキャラクターがダリアンしかいないので、無理やり毒舌成分を詰め込んでるような気がしてならない。相棒とは言え本気の文句をあまり口にしないヒューイの人格がすごすぎる。

スポンサーサイト
スニーカー文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ダンタリアンの書架 2

ダンタリアンの書架2

幻書を巡るヒューイとダリアンの旅行記第2巻。1話読み切り形式なので読みやすい反面、物語ごとの尺が短いので若干盛り上がりに欠ける印象。ただし、コロコロ変化するダリアンの喜怒哀楽で十分にカバーできてるのでプラマイかな。
基本的には無駄に毒舌なキャラクターは受け付けないはずなのに、なぜダリアンは一向にイライラしないのか。それはやっぱりダリアンの感情表現に尽きると思う。非常に大人びた理屈的思考を見せると同時に、精神的な面は非常に子供っぽいというか幼稚そのものなダリアン。決して完璧な存在ではないからこそとっつきやすいんじゃないだろうか。確かに無駄に毒気のあるシーンで多少イラっとすることもなくはないんだけど、必死に背伸びしてるダリアンは何だかんだ言って微笑ましい。

スニーカー文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ダンタリアンの書架 1

ダンタリアンの書架1

アニメ化が決定したアスラクラインシリーズでもお馴染みの三雲岳人氏による新シリーズ。
禁断の書物を納める書架そのものであるダリアンと、その鍵守であるヒューイによる、幻書をめぐるファンタジックなトラベルストーリー。

巷では中堅作家と呼ばれることが多いらしい本作の作者だけど、なんとなく分かったような気がする。
アスラクラインもダンタリアンも爆発的な面白さはないけど一定のクオリティは保ってるし、一度入り込んでしまえばスラスラ読めるテンポの良さがある。
アスラクラインでは割と萌え路線を狙ってるようなところはあるけど、こちらではダリアンの言動意外は皆無と言っていいほどの内容。だからこそ逆に凝縮されたキャラ萌えを存分に堪能できたのは間違いない。
作中のとあるワンシーン、真面目な話の最中にダリアンが「逃げ道を塞がれた」などと言うものだからどんなシリアスシーンへ繋いでいくのかと思いきや、実は苦手だという犬に囲まれただけだったり。これにはあまりの微笑ましさに電車内にもかかわらずニヤニヤが止まらず、絶対周囲の人にもキモがられたはず。/(^o^)\

全く違う作風であってもそんな作品をコンスタントに排出して来たであろう三雲氏は、寧ろラノベ界では結構上位に位置するんじゃないかと思う。
今回はまさにロリコンホイホイ。ょぅι゛ょ好きの方は余裕があれば是非ご一読を。

スニーカー文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。