朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

RIGHT×LIGHT ~空っぽの手品師と半透明な飛行少女~

RIGHTLIGHT1

3年前の客船事故により家族を亡くした少年と、その時に少年を助けてしまった事に端を発するマジカルな異世界系ファンタジー。ただし舞台は普通に日本。

これは素直に面白い。2月後半に呼んでた作品たちと比べるのもどうかとも思うけど、明らかに粗が少ないというか、全体的に見ても冗長な表現がなくて読みやすい印象。
主人公の親友キャラ2人はとりあえず置いといて、本巻に登場するメインキャラクターは計5人。どのキャラクターも性格がハッキリしていて、物語上の役割をしっかりとこなしてるような感じで非常に良いね。主人公の啓介と友月さんと冬上さんは重い過去を背負ってるし(と言っても冬上さんはもの凄く嫌な奴なので同情はしない)、メインヒロインのアリッサと本巻の悪役担当のジンにも何やら語られてないバックストーリー的なものを感じるし。かといって各キャラクターの言動の遷移について説明不足だというようなこともないので、特にストレスもなくすんなりと完走できました。
注文があるとすれば、主人公があまりにもダウナー系なので承から転、転から結に流れる際の言動とその理由付けをもう少しくっきりさせると良いんじゃないかというくらいかな。あんまり狙いすぎると逆に突拍子もないトンデモ展開になっちゃうけど、今回くらいの出来なら次巻以降にも期待して良さそう。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。