朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ばけらの!

ばけらの

     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
  .しi   r、_) |   ばけらのはわしが育てた
    |  `ニニ' /    それ即ち、わしらのばけらの
   ノ `ー―i´

このアパートの住民、すごく……ダメダメです。実在する誰かがダメだなんてことは言わない。あくまでダメなのはこの物語の登場キャラクターたちです。特に大食らいで守銭奴で怠け者なイヅナさんが某スパイシーでウルフなラノベ、ないしはその作者との共通点が多すぎて僕でもわかってしまった。支倉氏本人がこんなに萌えキャラなのかどうかは別としても、このイヅナは随分と可愛いキャラだな。基本的にやることしゃべること大部分が幼稚なのに、当の本人は自分は大人だと妙に背伸びしてる感じが実に良い。これもまたボクのストライクゾーンの1つなので、読んでると非常にほのぼのとした気分になってくる。
正直神様のメモ帳を読んだときは自分に合わなかったせいか、つまらない作家だと思ってたけどなぁ。ピアノソナタといいばけらのといい、思ってるよりも随分と引き出しの数・広さがある作家なんだと再認識した。

スポンサーサイト
GA文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。