朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

えむえむっ! 7

えむえむ7

学園内部で組織モノを展開すると例外なく寒い。変な口調といい妙な結束力といい、読者のテンションを完全に置いてけぼりですよ。どの作品をとっても流れが一辺倒だからテーマもキャラクターも埋もれちゃって、「この作品でこの話をやる必然性がない」状態になるわけで。そんな中でブタロウと辰吉が割と中立的な立場からストーリーの中を歩き回ってた部分が他とのちょっとした違いかな。

スポンサーサイト
MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。