朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブック×マーク!

ブックマーク

本の中に存在する現実世界とは異なる空間「異界」と、それらの管理を行っている少女たち、更にはかつての僕よりも重度の活字アレルギーっぽそうな主人公による文学ファンタジーなお話。

まず始めにここを突っ込まずしてこの作品は語れないと思う点が1つ。「異界」を内包する本を管理する図書館と現実世界とで精神的な時間進行の割合が7:1(ただし肉体的には同一時間らしい)という設定らしいこの舞台なんだけど、図書館内部にあるパソコンを介すると外部の時間進行を内部のそれと等価に扱うことが出来るとかどういうことですか。捻じ曲がってんのは時空じゃなくて作者の世界観だと言わざるを得ない。更には、下記のような台詞が作中にあるんだけど正直意味不明すぎる。

「たとえば、現世時間午前十一時に、どこかで異界本による事件が起こったとする。私たちはみんな、その時間には学校にいるから、その事件に対処できないわね。でも、午後になって、勤務を開始すれば、館内時間はその日の午前十時。そこから現世に戻れば、現世時間前十時過ぎに戻ることが出切るのよ」

( ^ω^)……。
午後5時から館内時間にして7時間働くと現実時刻では6時になっていると前もって触れてたじゃないですか。いつから特定の時刻が館内時差の始点になるような設定になったんだろうか。誰か空想非科学大全並の理詰め論文の提唱をお願いします。

他にも、特に理由もなく主人公属性が発火したり、タイトルにまるで作中との関連性がなかったり等等、気になる点はあるんだけどなぁ。あまりにもタイムパラドックスに関する部分が納得いかないのでどうでも良く感じられちゃう。
それからもう一つ、キャッチコピーの「文型少女はお嫌いですか―?」。これも物語とほぼ無縁と言って良いほどで、そもそも文系と称すること自体の意味がまるでない。
たまなまは普通すぎて突っ込めなかったけど、本作はあまり良くない意味で対極に位置する形だった。
スポンサーサイト

ガガガ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<RIGHT×LIGHT ~空っぽの手品師と半透明な飛行少女~ | HOME | たま◇なま ~こわいものはありますか?~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。