朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

RIGHT×LIGHT 4 ~嘆きの魔女と始まりの鐘を鳴らす獣~

RIGHTLIGHT4

表紙の友月がどう見ても某星屑子さんです。これでヒールとルージュがあれば完璧。足元が写ってないんでわからないけど話の内容的に考えるとヒールは履いてるのかな?
友月家当主を巡るドロドロな騒動に巻き込まれた上に養父には政略結婚のカード扱いと、啓介に救われたとはいえまだまだ常人の人生と比べたら積みに近いところを飛行する友月スキー歓喜の友月メインなお話。
当然友月のお家騒動と魔術が平行して進行するんだけど、今回の絡ませ方はちょいと強引だなぁ。叔父夫妻が殺されたり、叔父が実は黒幕の変装だったりと、話の流れがスムーズになるという点ではもちろんアリだとは思う。ただ、逆に言えばご都合展開と言えなくもないわけで、なんか今回は話の練り方が今までに比べてイマイチだったな。
スポンサーサイト

ガガガ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< RIGHT×LIGHT 5 ~求めし愚者と天食らう魔狼~ | HOME | RIGHT×LIGHT 3 ~カケラの天使と囁く虚像~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。