朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ラプンツェルの翼 2

ラプンツェルの翼2

天使になるためのプログラムに脱落した奈々とほか数名の「駒」が、天使になるための再テストを受けるお話。とにかく言葉の裏の読み合いが物語のメインを担っているので、やたらと説明文くさくなっているのがどうにもくどい。ラノベを読んでるはずが気づいたら心理学の参考書を読んでいた、なんて気がするほどだったけどこの作者はこういう作風なのか。それでも1巻最初の頃に比べたら奈々もやたらと人間らしくなってるし、この作品も成長物語と言えなくもないか。
スポンサーサイト

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<二人で始める世界征服 3 | HOME | 葉桜が来た夏 4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。