朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コールド・ゲヘナ 1

コールドゲヘナ1

10年以上も前の三雲岳人氏のデビュー作。約700年後の地球、その支配者はもはや人間ではなくドラゴンであり、人型兵器のデッドリードライブこそが魔獣に対抗し得る唯一の手段という、人類は衰退しましたのノーフューチャーモード版のようなお話。アスラクラインでバリバリのオタク相手な話を書いているとは思えないほどのハードな世界観に硬い文章、更には90年代テイストな挿絵などなど、ラノベ新参としてはかなりのジェネレーションギャップを感じざるを得ない。友人曰く「昔の三雲の方が良かった」らしいけど、確かに無駄な贅肉を落としたようなストーリーで小説を読んでるなぁ、という気にはなる。それと同時に二次元成分が入ってないと不安になる自分のキモオタっぷりにも多少ゲンナリさせられた一冊。
スポンサーサイト

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コールド・ゲヘナ 2~4・あんぷらぐど、レベリオン 1~5 | HOME | アクセルワールド 2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。