朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

白山さんと黒い鞄 2

白山さんと黒い鞄2

相変わらず朱遊先輩は僕の嫌いなキャラクターで安心したぜ。裏付けのない最強設定に加えて空気を読もうとしないとかもうね、それだけで役満振り込みレベル。主人公もよくこんな人間の下で部活なんかやってられるなぁと逆に感心する。ここのか氏のイラスト補正がなかったら途中で投げ出すレベルだぜフゥーハハー。
スポンサーサイト

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<刹那のイグザルト 1 | HOME | 夜と地のカンケイ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。