朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

えむえむっ! 8

ようやく、ようやくストーリーが進み始めた……。刊行スパンからして1年以上も停滞してたのか。さすがMFや! 
つーか家族編とかバイト編とか本筋にあまり関わってこない部分の方がページ数が多いのはどういうことだろう。今までの話を見ても本編よりサイドストーリーっつーか変態家族の話が記憶の大部分を占めてるとはこれ如何に。そう考えるとブタロウが紙面でド変態の醜態を晒してるのはごく少ないページ数だな。本編以外のブタロウは寧ろ常識人だし。……あれ、よくよく考えると寧ろ単に神様を自称してる美緒先輩が最も正常な人間に近いってことなのか? こいつは盲点だったぜ。
そんな一般人の美緒先輩がようやくやる気を出したドM矯正プログラムも、佳境かどうかは分からなくとも新しい展開に差し掛かったことで少し楽しみが出てきたところ。しかし美緒先輩も散々ブタロウに気があるような描写を書いといて、すんなりと結野とくっついたことに関してはちょいと以外。どうせ最後にはメインヒロインとくっついて終わりなんだろう、という固定概念が既に萌え豚の領域ですね、ごめんなさい。まぁ、美緒先輩の過去回想も未だ語られてないことだし、いくらでもひっくり返しようはあるので結局は作者の心持次第ってことで。

えむえむ8

スポンサーサイト
MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<葉桜が来た夏 5 | HOME | えむえむっ! 7>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。