朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さよならピアノソナタ encore pieces

さよならピアノソナタ encore pieces

ぼくらの杉井さんが送るハーレム青春バンドストーリーの後日談とか各キャラクターの再度ストーリー諸々を綴ったオマケ編。まず何よりも直巳のヘタレっぷりに泣いた。これは千晶じゃなくたって真冬が可哀想だと思って然るべきだろう。それともやっぱり蛙の子は蛙ってことで哲郎の息子に生まれ落ちたのが運のツキだったのか、この甲斐性の無さがやるせないなぁ。そんなヘタレに愛想をつかさず健気にアピールする真冬が可愛く見えるのはそりゃあ必然でしょう。世界的ピアニストとこっそり付き合う音楽ゴロ。トップアイドルと平凡リーマンの組み合わせより酷く感じるんだけど(笑)。直巳と真冬がくっつくことにはいささかの疑問も持たないけどエビチリには同情するわ。いつの時代も苦労するのは男親ってことですね。
それともうひとつ、フェケテリコの原型とか後年とかの話。やっぱり直巳と真冬がいた頃が全盛期だったと言わざるを得ないなぁ。響子先輩がまともだとは最初から思ってないけど、ずいぶんとロックンロールな中学時代を過ごされたようですね。高校以降の響子先輩がまるでまともに見えるじゃないか。しかし、響子先輩と2人でフェケテリコとして活動し続けた千晶は残念ながら高校の時よりちょっとずれてる気がする。こんなにレズっ気のあるキャラクターじゃなかったはずだったのに響子先輩に毒されたか。それでもブラックバード=直巳に振られた恋愛敗者としてなお活動し続けるこの2人は社会的地位とは裏腹にメンタル的に後退しているような気がして痛ましく感じる。その辺は後書きに色々と書いてある通り、杉井さんの真骨頂が存分に発揮された切ないラブストーリーという感じで、非常に面白かったです。
スポンサーサイト

電撃文庫 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME | アクセル・ワールド 3>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-10-17 Wed 18:00 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。