朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バカとテストと召喚獣 その1

バカとテストと召喚獣1

帰りからバカテス1巻を観賞開始。
僕もこんな環境で勉強して見たいです! 現国はともかくそれ以外の科目でなら結構良い線行きそう。

さて本編、何よりもまず先にこの言葉を思い浮かべた人も割といると思う。

決闘(デュエル)!

自らの学力を数値化し、その絶対値を以って頭の残念な子たちが宿敵(とも)との死闘…果てはお利口さん方に戦争を吹っ掛けていくというお話。
単純に個々のおバカさ加減で勝敗が決まるわけではもちろんないんだけど、
もともとのキャパが足りないF組の面子が下克上を実現していくのは並大抵のことじゃないだろう。
それでも姫路さんなら…姫路さんならきっと何とかしてくれる…!!
まさに姫路さんこそF組にとってのジョーカー的切り札なわけですが、そもそも周囲にそれだけの回転力を持った頭脳がいるのかどうか…。
今のところそのポジションは雄二が鎮座しているものの、D組より上の生徒にどこまで通用することやら。
やっぱり姫路さんに大車輪の活躍をしてもらうしかないのかな。

最後にもう一度、それでも姫路さんなら…姫路さんならきっと何とかしてくれる…!!
スポンサーサイト

ファミ通文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バカとテストと召喚獣 その2 | HOME | ギャルゴ!!!!! 2 地域限定焼餅大全 その3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。