朝と夜の合間に

かつて文庫本1ページを読むのに10分も掛かるほど活字アレルギーだった人のラノベライフを書き殴るためのメモ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

グリモワールの契約者 2

グリモワールの契約者2

やっぱり電撃、コンスタントに一定のクオリティを保った作品を出してくるなぁ。割とシリアスな路線を貫き安易な萌えには走らない。だから各キャラクターの心情に移入しやすく、すんなり読めました。
ただ、ひとつ許せないというか笑ったのは創也の「根拠はそれで十分だ。」というシーン。実力のある人が言えばカッコいいシーンなんだけど、これは結構寒かった。つーかこれ根拠じゃなくて動機だしなぁ。

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ラプンツェルの翼 3

ラプンツェルの翼3

とんちラノベ第三弾。ただしそのなぞかけが結構ショボいというか、時期的にも2chで仕入れてきた感がプンプンする内容なのがどうにもなぁ。そもそもクーデターを起こしたのに逆転の目を残してくれる敵さん方って……いくらなんでも都合がよすぎるだろう。推理モノを目指すあまりそのしわ寄せがストーリーの方にきてるような気がするので、次回はもう少し修正してくれることを期待。

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

まじ×どら

まじ×どら

伝説の幻獣すらも♀擬人化してしまうとはさすがオタク産業だぜ! とりあえず萌えキャラができれば主人公と出会うまでの経緯も二の次です。こんな恐ろしいトカゲドラゴンが一般人の日常に紛れこんでしまうことも想定の範囲内です。社会を支えるのが名目のはずの魔法使いのメンツが物語のスタート以前に潰れてしまっていたわけか。それに魔法使いの才能があるはずの主人公の実力も結局ヘタレのままで覚醒することもな、もはや設定丸投げ状態と言った感じ。
とはいえ、これくらいの尺でまとめつつ現在時系列に比重をかけるとこんなもんなのかな。

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

神様の言うとおりっ!

神様の言うとおりっ!

作者はラブコメと言ってるこの作品、とりあえず今のところはラブ要素薄めだな。その薄いラブの中心となっている恭一と沙希はどう見ても両思いでそのルートに到達するのは規定路線。薄いと言ってるのは決して悪い意味でなく、気があることを前面に出さずにお互いを気遣う姿勢がその辺のラブコメよりもよっぽど読みやすかったってこと。それにコノハを除くおよそ全ての登場キャラが割と常識人というのも良いな。変にぶっ飛んだキャラに話が振り回されるなんてこともないだろうし、安心して読める。

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソード・アート・オンライン 2

ソードアートオンライン2

厨二くせええええええええええええええ!!!!

こんなシリアスな内容の話をここまで硬い文章で語られると正直きつい……。かと言って決してつまらないわけでもないし。面白いものを書こうという読者視点の考慮を一切切り捨てて、ただひたすらに作者が自己陶酔してる雰囲気がキツい。妹云々だって話のカッコ良さを求めた結果都合よく後付けされた程度のものだろうし、本巻の話全体を通してキリトの強さを強調しすぎてもはやネトゲ版水戸黄門状態なんだよね。強いキャラクター=魅力的なキャラクター足り得ない顕著な例をこれでもかと言わんばかりに示してくれた作品。

電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。